Training

サービススタッフの教育研修制度

安心のサポート体制

入社前ゼミナール入社前ゼミナール
サンティーセンターで学生から社会人になるためのルールとマナーを身につけます。入社前に4回実施。また、この研修会を通して同期のメンバーと親睦を深めます。

導入教育・専門研修導入教育・専門研修
会社の諸規則、部門の理解、お客さまに対する考え方などを学び、さらに、トヨタサービスの心構えと直ぐに必要となる自動車整備の実習を行います。

営業実習営業実習
お客さまと実際に接し、お客さま応対を実践的に学びます。カタログ・展示車の基礎知識や説明方法も学び、幅広くお客さま応対が出来るようにします。

配属後研修配属後研修
配属後はさらに高レベルの技術習得を目的に、特別技術研修、新型車技術研修、BP教育(板金研修、塗装研修、BP見積研修)が行われます。

 

業務研修

エンジニア技術研修 
新型車や新機構など必要な技術を習得。

自動車検査員研修  
車検の完成検査を実施するために必要な最新の業務知識を受講。

整備主任者研修  
業務に必要となる最新の法令などを受講。

トヨタ自動車メーカー研修 
メーカーの研修施設で全国レベルの知識や技術を習得。

サービスマネージャー会議  
毎月1回、全店舗のマネージャーが集まり実施。月ごとの反省と方針を確認。技術的な連絡も行う。

保証担当者研修  
トヨタ車の保証業務に必要となる業務知識を習得。

ネッツトヨタ茨城には国家1級自動車整備士が11名在籍しています。

チャレンジ申告制度
営業の仕事がしたい、管理本部の業務に興味があるなど、自分がやりたいことを実現するためのプログラムです。希望の職種とその理由を申告し、認定されると配属がかわります。新しいことにチャレンジする精神と能力をバックアップします。